費 堅蓉 Fei JianRong ( Chinese Instruments )

中国上海に生まれる。三弦、琵琶、中阮、柳琴、月琴のほか古筝、古琴等の演奏にもすぐれ、中国を代表する撥弦楽器演奏家として高く評価されている。10 歳で上海人民放送局少年楽団に入団。 上海音楽学院附属高校を経て上海音楽大学に入学。
上海音楽学院在学中に中国第三回音楽作曲品コンクールで一等賞に輝いた自作自演の三弦独奏曲「辺塞の夜」は、三弦の演奏法に革新をもたらしたもので、中国歴史上に残る作品である。

 来日後、日本各地でのコンサート活動、海外ではアジア諸国、オーストラリア、アメリカのカーネギーホール、国連会議場など広い範囲に渡り活躍する。作曲家、神津善行氏の「六華仙」のメンバーでもある。作曲、編曲も多数。7 種類以上の楽器を弾くマルチプレーヤーとして活動する。

  97 年には三弦、琵琶、中阮、古筝などを使って 15 曲を一人で演奏する二時間半にわたるリサイタルを開催。 99 年、来日 10 周年記念リサイタルを横浜みなとみらいホールにて開催し、新たに作曲した曲を加え、その力量を如何なく発揮。また、 2002 年には日本古典音楽奏者10人と中国撥弦楽器奏者一人の演奏会やワルシャワ・ショパン音楽アカデミー卒駐日ポーランド大使夫人とチェロとの合奏音楽会、 2003 年には、「六華仙」として、ハノイオペラハウスにてコンサートを行った。

そのかたわら、サントリーホールにて、 2003 年、夏・冬の西洋音楽との融合コンサートに取り組み、ロック、ジャズのみならず各種映画音楽への中国楽器による演奏・編曲にとりくんでいる。2004 年、京都高台寺、方丈庭園にて西洋と中国の融合音楽コンサートを行い、好評を得る。2005 年から、二胡奏者として第一人者であるチェン・ミン氏と国内ツアーを精力的にこなしている。また、愛知万国博にもゲスト出演している。 2006 年 11 月には、宮島、厳島神社、「高舞台」にて、「世界文化遺産 10 周年登録記念奉納コンサート」を、 2007 年 5 月には同舞台にて、「新緑の星空奉納コンサート」を行い、各方面から好評を得ている。

 現在までの作品としては、 87 年上海海文出版社より「三弦独奏専集」、 88 年台湾音楽中国出版社より「費堅蓉三弦独奏専集」のカセットテープを発売。 現在、 CD にて「仙人の爪弾く」(ビクター)、「大陸的旋律」(デラ)、「辺塞の夜」(費堅蓉ファンクラブ)、「潤」(リンキィディンクレコーズ)、「琴韻清雅」(ラサ企画)を発売しており、最近では「砂漠の旅」( Mu-Two Corp. )「水の戯れ」(イベントデック)、「 Season 」( Fusion   Music )をリリース。

本年には厳島神社奉納コンサートを記念した「 The Concert in World Heritage Miyajima 」を4月にリリースしている。また奈良正倉院に納められている、中国唐時代の楽器を復元し演奏する楽団「天平楽府」において、阮威など、時代を越えた楽器の演奏も行っている。

 

 
 
 

長島 芳幸 Yoshi Nagashima (Keybarod & Synthesizer)

米国ボストンバークリー音楽院でキーボード奏者として本格的に修学し、その多彩な経験・能力は単数から複数バンドならびにオーケストラ音楽の構成・アレンジに如何なく発揮されており、単・少数民族音楽から多民族音楽の幅広い文化を融合する音楽に取り組んでいる。現在 Fusion Lead のバンドマスターとして、ギター・パーカッション等と中国撥弦楽器との融合音楽を各種コンサートで開催し、好評を得ている。

2004 年にリリースした CD 「水の戯れ」はシンセサイザーと中国撥弦楽器との世界初の融合ヒーリング音楽として評価されている。また、 2005 年リリースの「 AFRICA 」では、チェロと各種パーカッションとの組曲に取り組んでいる。

サントリーホールにて、 2003 年、夏・冬の西洋音楽との融合コンサート、 2004 年、京都高台寺、方丈庭園にて西洋と中国の融合音楽コンサートを行い、 2006 年 11 月には、宮島、厳島神社、「高舞台」にて、「世界文化遺産 10 周年登録記念奉納コンサート」、 2007 年 5 月には同舞台にて、「新緑の星空奉納コンサート」を行い、各方面から好評を得ている。
 

 
 
 

金本 幹彦 Miki Kanenoto ( Cell )

11 歳よりチェロを佐藤輝夫氏に師事。東京芸術大学において松下修也氏に師事。1978 年よりドイツ(旧西ドイツ)にてチェロ独奏法ならびに室内楽をマリヌ・クリーゲル、ヴァルター・グリモー、エスター・ニフェンエッガーに師事。

スイスにおけるベルンカメラータアンサンブルとティボン・ヴァーガー指揮によるハイドン作チェロ協奏曲を共演するなど、バンベルグ、ミュンヘン、ハンブルグにてドボルザーク、サンサーンス、チャイコフスキー等の作品を独奏者として演奏を続ける。

近年は、その独特な演奏方法を西洋・東洋音楽に取り込み、 2005 年には、ヤマハホールにて、クラシックと東洋の融合音楽に取り込み、「聖夜コンサート」を行っている。 2006 年 11 月には、宮島、厳島神社、「高舞台」にて、「世界文化遺産 10 周年登録記念奉納コンサート」、 2007 年 5 月には同舞台にて、「新緑の星空奉納コンサート」を行い、各方面から好評を得ている。最近では、 2005 年リリースの CD 「 AFRICA 」にて独奏を聞かせている。

 

 
 

 

 

憩居 かなみ Kanami Ikoi  (vocal)

舞台俳優として、「空飛ぶ雲の上団五郎一座〜キネマ作品」を始めとして、「ライアーガール」、「Little Wing 〜 手付かず空2002」、「恋はみずいろ(ニンジンボーン)」、「い・い・ひ・と」、「愛LOVE(ロマン舎)」、「最後のバレンタイン」、「Messiah(GAKI PRODUCE)」、「中島みゆきになれなくて(プロジェクトアーチ)」、「ラストシーンはあなたと」、「二代目はクリスチャン(劇団十六夜)」、「ロッカバイ・クリスマス(しゅうくり一夢)」等多数出演。
また、ミュージカル俳優として、「マッスルミュージカル」、「ゲゲゲの鬼太郎(フジテレビ主催)」、「泣かないで(音楽座)」、「645−TAIKANOKAISHIN(T.Bワンスモア)」等、映画女優として、「ピカンチ」、「ジョン・ドゥッグ」等への出演もこなしている。
さらに、「すずがくれた音(TBS愛の劇場)」、「ガチンコ!女優学院(TBS)」、等テレビ番組にも多数出演し、音楽活動のみならず、各種俳優業も精力的にこなしている。
平成19年10月7日、宮島千畳閣にて、その歌声を披露した。